ごあいさつ

医歯薬ネットは創業から18年間「医師とそのご家族の医師らしい暮らしの実現」を最大の目的として、一心に取り組んでまいりました。
現在では、社業の根幹である医師の開業支援事業に加え、医療専門会計事務所、医療系不動産・建築会社、医療系職業紹介会社を立ち上げ事業を展開しております。
加えて、全国の医療に強い会計事務所とのフランチャイズ事業、医療施設の建築を熟知した建築会社とのフランチャイズ事業の運営と、関東本社、中部支社、関西支社、九州支社と営業拠点を全国展開することにより、開業支援エリアを全国に広げております。
本年2月には岡山営業所、広島営業所を開設し、さらに私たちの開業支援を多くのドクターにお届けできる体制を強化いたします。
今後も医歯薬ネットグループは開業支援を基盤としながら、転職・不動産建築設計・経営相談・事業承継・M&A・相続対策・投資相談などを手掛ける有資格者の専門家が集まる医療の総合事業会社として、あらゆる方面から医師に貢献してまいります。

日本の現状に目を向ければ、財政は悪化の一途をたどり、少子高齢化を迎え、今までの医療体制は維持できない状況です。「2025年問題」を目前にして、病床数の削減や医師の働き方改革など、政府は様々な形で医療体制の適正化を強硬に進めようとしています。
さらに今回の新型コロナウイルス感染拡大により、病院勤務の先生方は勤務に危険要素が増加しており、家族が学校や職場、社会生活の場で疎んじられることなどについてのご相談が多数寄せられています。先が見えない現状に、先生方は疲弊されていらっしゃることでしょう。
一方、一部のクリニックの外来患者数が減少するなど開業された先生方の中にも不安が広がっています(弊社クライアントにおいては小児科、耳鼻咽喉科クリニックの患者数は減っておりますが、他の科目は一時的に減少したものの現在では患者数が戻っております)。

このような状況下において私たち医歯薬ネットグループは、会計上のサポートにより顧問先クリニックの経営を支え、
これから開業するクリニックの建築レイアウトにおける感染症対策、医院経営上の感染症対策など、
現状と今後を見据えながらこれまで以上に感染症対策を重視し、これからのあるべきクリニックの姿に向けて新しい提案をさせていただいております。

短い期間を比較してもわかりにくいですが、3年、5年、10年後には日本の医療供給体制は確実に大きく変動していることでしょう。
そのような中、これから10年後、20年後、皆様は医師としてどのような立ち位置でいるでしょうか。
変動著しい医療業界にあって、時代に翻弄されてしまうのでしょうか、勝ち組として存在し続けることができるのでしょうか。ご自身の方向性について理性的に検討し、動いていくのは今がその時です。

どのような変革を医療体制が迎えても、医師とそのご家族が医師らしい暮らしを送り、国民の健康と安全に貢献し続けるために、医歯薬ネットグループはフランチャイズ加盟会計事務所・建築会社の皆様、ご支援くださるステークホルダーの企業の皆様と共に、これからも医師の皆様の将来に寄り添ってまいります。

2021年1月
株式会社医歯薬ネット
代表取締役会長 CEO
森田 健一

ページトップへ