ごあいさつ

医歯薬ネットの創業は2003年。「医師が勤務医から独立するだけでなく開業を成功させ、奥様、お子様、ご両親、そして医師ご自身が医師として品格ある暮らしを送り、地域医療の担い手として国民の健康に貢献する」を創業の精神とし、クライアント医師の開業成功のため一心に取り組んでまいりました。

その結果、社業の根幹である医師の開業支援事業に加え、医療専門会計事務所、医療系不動産会社、医療系職業紹介会社を設立し、会計事務所フランチャイズ事業を立ち上げ、一級建築士事務所の開設と特定建設業許可取得によりクリニック建築内装業を開始し、医歯薬ネットグループ(1489NET)はクリニック開業に関わるすべての事業を手掛ける総合事業会社に成長しました。

これらの事業の拡張は、これまで多くの開業支援を行っていく中、外部企業との提携により不動産・建築内装・会計・医療機器などの業務を進めていくと、提携先企業が自社の利益を追求し、クライアント医師の開業予算を超過してしまうことが度々発生し、その調整に多大な労力を払ってきたことにあります。
弊社の経営効率を高めるにはクリニック開業に関わる事業を内製化せざるを得ないと判断し、必要だと判断した事業は行政上の資格を取得し立ち上げてまいりました。
こうして医歯薬ネットグループは、開業に必要な不動産・建築内装、開業前にスキルアップする職業紹介事業、資金調達や事業収支計画立案を担当する税務会計、開業に関わる全業務を一元管理する開業支援総合企業となり、クライアント医師とそのご家族の医師らしい暮らしの実現を前進させております。

今後はこの開業支援総合事業を全国に広げるべく、九州支社を開設し、関東関西に新たな拠点を設置し、九州から北関東にかけて我々の開業支援を展開してまいる所存です。
開業時、5年後、10年後、20年後と、医師の生活は変化していきます。
開業後20年経っても医師とそのご家族が医師らしい暮らしを送り、国民の健康と安全に貢献し続けることができる医院開業の実現のために、フランチャイズ加盟会計事務所・不動産建築設計事務所の皆様、ご支援くださるステークホルダーの企業の皆様と共に、医歯薬ネットグループはこれからも医師の皆様の将来に寄り添ってまいります。

株式会社医歯薬ネット
代表取締役会長 CEO
森田 健一

ページトップへ