医院継承

医院継承支援

平成26年厚生労働省統計資料によると、全国医師のうち60歳以上の割合は23.5%です。
今後一層の世代交代が進み、今後は継承による開業が増加すると予測されます。

医院継承には「親子継承」と「第三者継承」、個人間の継承と法人の継承が存在しています。
医院継承時には、診療圏の住民構成や周辺の競合医院の存在が元の医院の開業時とは大きく変化しています。
そのため改めて診療圏調査を行い、地域のニーズに合わせた医療体制をとることが必要です。
また、時代が変わってクリニックのデザインやレイアウト、広告のトレンドも大きく変化しています。継承されて新しいクリニックになったことを周辺住民に印象付けるためにも、デザインを新しくする必要もあります。

このような相談が増えています

  • 医院継承して短期間に開業を目指したい。
  • 今の患者のことを考えると廃業するのは忍びない。
  • 薬局を経営しているが、継承を希望するドクターから相談を受けている。
  • 家族として運営している医院の将来を案じている。
     

医歯薬ネットにご相談ください

医院継承のメリット

医院継承のデメリット

 

医院継承までのプロセス

関東・中部東海・関西にて多数開催中の弊社の開業セミナー「医院開業知識集中講座」にお申し込みください。
開業や継承について講義にて知識を深めていただいた後に、講義後の個別相談会にてご相談に応じます。豊富な経験と知識を持ったコンサルタントが先生のご希望や条件など伺い、アドバイスいたします。

STEP1:セミナーご参加・または個別相談会へのご参加

関東・中部東海・関西にて多数開催中の弊社の開業セミナー「医院開業知識集中講座」にお申し込みください。
開業や継承について講義にて知識を深めていただいた後に、講義後の個別相談会にてご相談に応じます。豊富な経験と知識を持ったコンサルタントが先生のご希望や条件など伺い、アドバイスいたします。

  • セミナースケジュールはこちらへ
  • 個別相談会はこちらよりお申込ください。

※医歯薬ネットは、ご登録内容についての守秘義務を遵守いたします。

STEP2:希望条件のヒアリング

物件の場所、診療科目、スタッフの引継条件、隠れた負債である退職金査定等の判断や、現に通院している患者数について、引継後のフォロー体制を引継前にどう進めていくかなどの細やかな条件設定を、売却希望者購入希望者の双方からヒアリングいたします。

STEP3:情報紹介

弊社が立地条件や診療圏調査など周辺環境を徹底的に調査したうえで、登録頂いた条件に見合った継承物件を選定し、御紹介いたします。加えてホームページに掲載いたします。

又、資金計画書、収支計画書、資金繰り表、収支予測表、融資金返済などの作成もお任せ下さい。資金面でも、融資金融機関のご紹介や融資手続きのお手伝いなど、トータルにサポートいたします。

STEP4:契約

継承条件を明確にし、契約書にします。

STEP5:新継承医院の開院計画

希望する診療方針/計画に沿った事業計画に基づき、新体制を準備します。
追加する各種医療機器や設備、内装、イベントなどを実施します。
導入を決意した医療機器メーカーとの価格交渉まで幅広くサポートさせて頂きます。

STEP6:新医院の開院サポート

より良い職場環境を作るためにもスタッフ選びは非常に重要な項目となります。また、採用したスタッフの教育も同様です。
先生と共に面接を行い、採用されたスタッフには基礎マナーをはじめとした各種教育を行い、優れた人材を育成いたします。

STEP7:新医院の再開院

開業後も各種ご相談など、トータルにサポートいたします。

 

ページトップへ