医院継承支援

平成26年厚生労働省統計資料によると、全国医師のうち60歳以上の割合は23.5%です。
今後一層の世代交代が進み、今後は継承による開業が増加すると予測されます。

医院継承には「親子継承」と「第三者継承」、個人間の継承と法人の継承が存在しています。
医院継承時には、診療圏の住民構成や周辺の競合医院の存在が元の医院の開業時とは大きく変化しています。
そのため改めて診療圏調査を行い、地域のニーズに合わせた医療体制をとることが必要です。
また、時代が変わってクリニックのデザインやレイアウト、広告のトレンドも大きく変化しています。継承されて新しいクリニックになったことを周辺住民に印象付けるためには、デザインを新しくする必要がある場合もございます。

このような相談が増えています

  • 医院継承して短期間に開業を目指したい。
  • 今の患者のことを考えると廃業するのは忍びない。
  • 薬局を経営しているが、継承を希望するドクターから相談を受けている。
  • 家族として運営している医院の将来を案じている。

譲渡する側の医院継承のメリット

  1. 安心してリタイアできる
  2. 今後の生活資金を準備できる
  3. 今までの患者さんを新しい医師に診てもらうことができる
  4. 現状のスタッフを継続して雇用してもらう道が拓ける
  5. クリニックの建物や医療機器を継続使用してもらうこともできる

継承する医師側のメリット

  1. 開業費用が比較的低く抑えられる
  2. 既存の患者さんを受け継ぐことができる
  3. その地区の住民間ですでに知名度がある
  4. 開業までの準備期間が短くてすむ
  5. 経営実績があるため銀行融資を受けやすい

医院継承までのプロセス

下記のフォームよりお問い合わせいただいた後、折り返しご連絡させていただきます。

STEP1:ご面談

貴医院に弊社担当が伺い、ご面談させていただきます。院長先生のご希望や継承に関するお考えを伺った上で、弊社の継承業務についてご説明させていただきます。
※医歯薬ネットは、ご相談内容についての守秘義務を遵守いたします。

STEP2:継承業務契約締結

弊社の継承業務にご納得いただいた上で、弊社と院長先生との業務委託契約を締結し、継承業務を開始いたします。

STEP3:希望条件のヒアリング

物件の場所、診療科目、スタッフの引継条件、残っている負債について、現に通院している患者数など、細やかな条件をヒアリングいたします。
その上で、継承を希望する医師が現れましたら、継承の条件に関してお伝えし、ご面談の調整をいたします。

STEP4:ご紹介

継承希望医師とのご面談にて、院長先生の経営理念やクリニック継承の方向性をお伝えいただき、双方すり合わせの上、相性等も含め確認していただきます。

STEP5:継承医師とのご契約

双方のご納得が得られれば、継承条件を明確にし、契約書にします。

STEP6:新継承医院の開院計画

希望する診療方針/計画に沿った事業計画に基づき、新体制を準備します。
追加する各種医療機器や設備、内装などを実施します。
導入を決意した医療機器メーカーとの価格交渉まで幅広くサポートさせて頂きます。

STEP7:新医院の再開院

開業後も各種ご相談などサポートいたします。

自院の譲渡に関しては下記フォームよりお問い合わせ下さい

お名前(必須)
フリガナ
お立場 院長理事長その他
継承希望クリニック名(必須)
科目
郵便番号 ※半角数字
都道府県(必須)
市区町村・番地(必須)
ご連絡可能なお電話番号(必須) ※半角英数字
メールアドレス(必須)
ご希望連絡方法(必須) 電話メール
 ※お電話の場合、連絡可能時間帯
継承希望時期
ご質問・ご要望

※医歯薬ネットは、内容についての守秘義務を遵守いたします。
※ご記入いただいた個人情報は総合的なサービスをご提供する目的で個人情報をグループ会社(株式会社医歯薬ネット、株式会社日本医療会計、株式会社1489建設、株式会社日本医療スタッフ)及びフランチャイズ企業間で共有する場合がございます。

ページトップへ